吉川精一

プロフィール

吉川精一(よしかわせいいち)
歌手・元NHKアナウンサー
1941年1月30日生まれ
財団法人大和市スポーツ・よか・みどり財団理事長

1963年早稲田大学演劇専修卒業、歌手志望の少年でした。然も股旅やマドロス演歌の声は三橋美智也、春日八郎ばりの高音。世は高音の時代であった。がしかし昭和32年、フランク永井、三波春夫、石原ムード歌謡の時代へ変遷。私は歌手志望の旗を降ろした、16才であった。
裕次郎、マヒナスターズが一斉にデビュー。世は急速に低音、ハスキーボイス、昭和37年秋、私はディレクター志望でNHKを受験したがアナウンサーとして採用された。元歌手志望の少年は納得した。「俺は声がいいからな!」と。
しかし 昭和38年4月入局してびっくり、アナウンサーの声としては高すぎなのだ。ニュースは不安定、信頼感の欠如・・・。以後今日に至るまで声との悪戦苦闘。毎朝発声練習。そして、ようよう声も落ち着き、今が一番ニュースが読める頃、卒業となる。そして、あら不思議、定年を機にに高音勝負の演歌のレコーディングも近々。40年ぶりの高音歌手デビューか。人生は何と皮肉に充ち、だからきっと人生って楽しい!

著書




「喜寿の花火」
喜寿を迎え、私の来し方これまでの印象深い挿話を綴ったものである。
妻と一人娘夫婦と二人の孫と、ご縁をいただいと何人かが読んでくれればいい。
喜寿、七十七歳。
いわば喜寿の爺の「独り言」である。



ほか月曜日のカーネーション、哀しみは日本人、定年座まわり舞台、言葉づき合いの上手い人下手な人 など多数

主な経歴

1963年3月
早稲田大学演劇専修卒業
1963年4月
NHKアナウンサーとして入局
以来 尾道、福山、青森、仙台、名古屋、 東京アナウンス室
日本語センター、仙台、東京アナウンス室

主なTV番組

S57~S61
昼のプレゼント(4年)
S60~S62
連想ゲーム
S62~H5
のど自慢(6年)
S57~
将棋番組(名人戦・竜主戦中継)
紅白歌合戦総合司会(2度)

主なラジオ番組

  • サンデージョッキー
  • 昼の散歩道
  • 紅白歌合戦中継(4度)
  • 現在は、NHK FM「歌謡スポットライト」月~金 夕方5時15分~6時 司会担当

CD

  • 平成10年9月「淑子は何処に」「夫婦さかずき」歌手デビューCD
  • 平成12年9月「お父さんの背中/娘の背中」
  • 平成15年7月「逢いたや津軽/うたかたの宿」
  • 平成18年7月「江ノ島セレナーデ/しゃぼん玉の恋」
  • 平成19年6月「ヨコハマッ恋物語/港のかくれんぼ」新曲キャンペーン中

お仕事のご依頼はお問い合わせページからお願いいたします。